フェイスブックの友達検索機能で、同姓同名の人が何人も出てきたら

フェイスブックは、世界でもっともユーザ数が多いと言われているソーシャルネットワークサービスである。ソーシャルネットワークサービスは、友人や知人から招待されないと使えないと思っている人がいるかもしれないが、フェイスブックは招待状などは不要である。メールアドレスを持っていれば、誰でも登録して、すぐに使うことが出来る。では、最初に一人で登録した場合に、どのようにして友人とつながればいいのかというと、友達検索機能を使うと手っ取り早いだろう。

フェイスブックにログインすると、検索用のフォームが画面の上に出てくる。そこに、探したい友人の名前を入力するのである。そうすると、その名前に該当している人がアバターと一緒に表示されるので、友人を見つけたら、クリックして、申請を出せばいい。相手がその申請を受ければ、そこで友人として登録される。友達検索をする時に注意したいのは、同姓同名の人がいるかもしれないということである。名前にもよるが、ユーザー数が多いので、あまり珍しく名前だと数十人出てくる場合もある。

そういう場合、どのようにしてフェイスブックで友人を見つければいいのかというと、まずはアバターをチェックすることだろう。アバターは自分の顔写真を使っている人が多いので、知っている顔であればすぐに判断できるだろう。また、それでも判別出来ない場合は、とりあえず友達検索で表示されたアカウントのリンクをすべてクリックしていって、公開情報を見よう。出身校や勤務先などが公開されていれば、それで判別できると思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フェイスブックの友達検索機能で、同姓同名の人が何人も出てきたら
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]