フェイスブックの友達検索を使ってみて

2年ほど前から海外の友人の誘いでフェイスブックを始めました。今では世界中で数億人規模の利用者があり、災害や事件などの際にも情報がとても早く回ること、企業も宣伝効果を狙ってどんどん参入し、拡大し続けています。それまでは国内の別のSNSを利用していましたが、フェイスブックに切りかえる友人が増えています。そんなフェイスブックの便利な昨日のひとつに「友達検索」があります。学生時代の友人など、それまで疎遠だった人も探せます。

他のSNSと違う点は、フェイスブックは本名で登録するという点です。ですから探したい友人を本名で友達検索できるのです。女性の場合は私も含め、現在の姓で登録している場合もあり、旧姓で友達検索しても見つけられませんが、地域ごとで検索も可能であり、出身地で登録している人たちの中から昔の友人を見つけたこともあります。フェイスブックで友達検索していてひとつ不便に感じるのは、漢字で友人の名前を入力した場合、同じ漢字を使用する中国語の名前がたくさん出てきてしまいます。

世界中の人々が使用しているフェイスブックですから、言語の違いで不便があるのは当然かもしれませんが。後はいろいろなセキュリティを設定できますから、友人でない人から友達検索されたくない場合は、できないようにもできるのです。ですから必ずしも探したい人全員見つけるのは不可能ですが、住んでいる場所で友達検索できるのであれば、例えば出身校別や年代別で友達検索できたらもっと便利だなと最近思います。フェイスブックがきっかけで、つながりがもっと増えそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - フェイスブックの友達検索を使ってみて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]